要請されるスケルトン工法|現状回復で不安を一掃しよう|これで一安心

現状回復で不安を一掃しよう|これで一安心

男の人

要請されるスケルトン工法

作業者

さまざまなオフィスや飲食店などへの原状復帰では、建物の構造体を除いたすべての内装や配管、配線などの設備まで取り除く施工も選べます。この原状復帰の方法をスケルトン工法と呼び、この方法を選ぶと室内の状態がコンクリートの打ちっぱなしのような状態にまで解体してくれるのです。このスケルトン工法を用いる場合、多くは居抜き物件などを借りている場合にオーナーから要請されるものです。居抜き物件は使用する場合、初めから業務に必要な設備が揃っているため、初期費用を安く抑えることができます。しかし、設備を使い回すこととなるので、レンタルしていた人が退去する場合、古い設備を取り除かなければ他の人に貸し出しができない場合もあるのです。居抜き物件から退去する場合よくこのスケルトン工法を要請されるので、退去する場合は安くスケルトン工法などの原状復帰を行なう会社に依頼しましょう。

スケルトン工法などを使用した原状復帰工事は、施工を行なう範囲が広いので、当然費用もかさむこととなります。そのため、原状復帰を依頼する側としてはできるだけ安く抑えたいと考えるものでしょう。安い費用で原状復帰を行なう場合、中間マージンが発生しない会社へ依頼するとよいでしょう。オーナーが仲介する原状復帰の会社や、下請けの解体業者へ依頼する会社、廃棄物などの処理を別会社に委託している会社などは、施工による代金に中間マージンの費用が含まれているため高額となります。安い値段で施工を行なってもらうには、すべての施工を自社で行なう会社が一番となるでしょう。インターネットなどを活用することで、会社のホームページなどからそうした会社を見つけ出すことができるので、依頼する前に一度調べてもらいましょう。