業者の選び方|現状回復で不安を一掃しよう|これで一安心

現状回復で不安を一掃しよう|これで一安心

男の人

業者の選び方

作業員

不動産賃貸における原状回復

賃貸マンションやアパートを退去する時に、問題となることが多いのが原状回復です。不動産を借りている人は賃貸借契約が終了した時に、不動産を貸している人に対して明け渡しの義務があります。この時、ただ明け渡すだけでなく、借りた時の状態に戻して明け渡す義務を負っているのです。これを不動産賃貸における原状回復といいます。そして、原状回復義務の範囲については、借りた人が住居を使用したことにより発生した建物価値の減少のうち、借りた人の故意や過失、善管注意義務違反、通常の使用を超えるような使用による損耗や毀損となっています。ですから、通常の使用範囲の損耗であれば、特約条項がない限り、借りた人に原状回復の義務は発生しないということになっています。原状回復については、裁判で争われることも多い問題なので、借りている人と貸している人が円満な形で賃貸借契約を終了できるように、両者共に注意を払う必要があります。

原状回復工事をする業者選びは大切です

最近ではエレベーター自動ドアなどの建築物の内外の点検補修をなどを行なう業者が増えています。技術力が高く、サービスも良いという原状回復工事の業者も増えています。原状回復工事というのは、高い技術力を持つ職人が必要となります。ですから、原状回復工事をする場合、質の高い仕事ができるプロの職人がいる業者を選ぶことが大事です。また、仕事の腕はもちろん、対応が迅速であることも非常に大切です。対応が遅いと、空き室期間が長くなってしまう場合があり、経営者にとって不利になってしまいます。そして、無駄な経費がかからない、直接施工の業者を選ぶことも、工事費を抑えるためには大切です。昔は、建築関係の工事を頼むと、技術力はあっても無愛想で不親切な工事業者も多かったのですが、最近では親切な工事業者も多くなっています。原状回復工事をする場合は、後で後悔しないように、評判の良い工事業者を探すことも大切です。