現状回復で不安を一掃しよう|これで一安心

ワーカー

手間も掛けずに撤去できる

部屋

原状復帰を行なう会社では、依頼を行なうことで室内の内装や設備などをすべて撤去してくれます。自力での原状復帰は難しいものですが、専門の会社に依頼することで簡単に済ませられるでしょう。時間帯なども自由に選択できるので、都合のよい時間に施工を行なってもらいましょう。

詳細を確認する

自ら工事依頼を

工具

場合によっては施さなければならない方法に、現状回復という物があります。どの様な行動を指しているのかと言うと、簡単に言えば該当するアパートやテナントを元の状態に戻す事であります。例えば法人がひとつの賃貸物件を契約して、そこをオフィスとして起動させます。しかし契約が満了になったり他の所に移る事になったりした場合、賃貸契約の規約にある「契約時に支払った敷金から、現状回復に当てる費用を差し引いて差額は返金する」という項目の下、現状回復を施してまっさらな状態にする事になります。しかし意外にも賃貸契約にて多いトラブルが、現状回復によるトラブルであり事態が泥沼と化す時もあります。ガイドラインもちゃんと設定されており、借主は基本的に現状回復費用を負担しないとされています。あくまでも日々の消耗や築年数による自然消耗などの劣化の場合ですが、もちろん故意に劣化させた場合などは借主が現状回復費用を負担するのは当たり前です。特にオフィスで賃貸物件を契約していたのであれば、オフィスを活用するべくあらゆる事を施している場合が多いです。これは自然消耗などではなく、目的があって施した事になります。したがって現状回復は必須になる事は間違いありません。しかしただ費用を支払うだけではなく、借主自らが現状回復業者に依頼をして、元の綺麗な状態に戻してもらうという方法を取る事が出来ます。費用を敷金や別途という形で支払うよりも、許可を得た状態で業者に現状回復をする方が、費用的にも時間的にもお得になる事があるのです。

現状回復工事を依頼する業者ですが、様々な業者が存在しております。個人や法人双方の現状回復工事を提供している業者もあります。低価格で高品質な工事を施してくれますので、業者に依頼しても満足する結果を得る事は十分に可能です。業者はインターネットを活用して探すと良いでしょう。何故ならインターネットであると、様々な業者をあらゆる視点から探す事が可能です。口コミで選ぶあるいは基本料金で選ぶ事が出来ますので、自分が納得し安心して仕事を依頼出来る業者を見つけ出せます。気になる業者が見つかったのであれば、まずは電話や専用フォームから問い合わせをします。相談をして見積もりを立ててもらい、それから工事となります。何も案ずる事はありません。

要請されるスケルトン工法

作業者

原状復帰を行なう場合、ビルの構造体だけを残してすべて撤去を行なうスケルトン工法が利用できます。居抜き物件の退去時にオーナーから施工を要請されることもあるので、きちんとした原状復帰会社へ依頼しましょう。中間マージンのない安い費用で施工をする会社もあります。

詳細を確認する

業者の選び方

作業員

マンションやアパートの賃貸契約を解除する際に借りた時の状態にして返すことを原状回復義務といいます。原状回復について、物件所有者と借り主との間でトラブルになることがあります。

詳細を確認する